リニューアル事業

Renewal

既存床撤去から仕上げまでを行います。

お客様のニーズに合わせ、最適な工法と専用機械の組み合わせを提案し問題解決へ導きます。施工にあたっては完璧な集塵対策で環境に適しています。

研削工法

研削工法は水平回転するダイヤモンドディスクで下地を傷めずに表面処理を行う工法です。豊富なラインナップの中から機械と多彩なダイヤモンドディスクや特殊チップを選定・使い分け、場所を問わず様々な塗膜の除去や表面処理を実現します。 切削工法や剥離工法との組み合わせにより、荒れた面を精度の高い平滑面に仕上げることもでき、お客様のニーズに合わせ施工が可能です。研削作業中に発生する細かい粉塵は強力な集塵機に吸収され、周囲に粉塵を飛散させることなく作業エリア内を常にクリーンに保ちます。

研削工法

研削工法は水平回転するダイヤモンドディスクで下地を傷めずに表面処理を行う工法です。豊富なラインナップの中から機械と多彩なダイヤモンドディスクや特殊チップを選定・使い分け、場所を問わず様々な塗膜の除去や表面処理を実現します。 切削工法や剥離工法との組み合わせにより、荒れた面を精度の高い平滑面に仕上げることもでき、お客様のニーズに合わせ施工が可能です。研削作業中に発生する細かい粉塵は強力な集塵機に吸収され、周囲に粉塵を飛散させることなく作業エリア内を常にクリーンに保ちます。

切削工法

切削工法とは特殊な超硬刃のカッターブレードを縦回転させ、床面に強力な力でたたきつけることで塗膜の除去やコンクリートなどの硬質床の表面を目粗しをする工法です。 この工法は従来の打撃工法で斫りとるのに場合に比べて、施工後の表面は荒れることなく表層の除去したい部分だけや、目粗ししたい深度のみをしっかりと削り取ることが可能です。このことから、余計な廃材を出すことなく時間と環境にも優しい工法となっています。 切削できる幅は多数の機械によってことなります。小さいものはハンドサイズの100mm幅から大きいものは搭乗式の500mm幅まで施工箇所や環境に合わせて最適な機械を選定させることができます。また、カッターブレードも4種類あり、対象の床材に合わせてより効果的なもの選び時間の短縮へ大いに貢献できます。 適用対象物はエポキシ・アクリル・MMA樹脂・硬質床・コンクリートなど多様な場面で活躍できる一番基本的となる工法です。他の下地処理工法と組合せすることでより平坦な床にも仕上げることが可能です。

切削工法

切削工法とは特殊な超硬刃のカッターブレードを縦回転させ、床面に強力な力でたたきつけることで塗膜の除去やコンクリートなどの硬質床の表面を目粗しをする工法です。 この工法は従来の打撃工法で斫りとるのに場合に比べて、施工後の表面は荒れることなく表層の除去したい部分だけや、目粗ししたい深度のみをしっかりと削り取ることが可能です。このことから、余計な廃材を出すことなく時間と環境にも優しい工法となっています。 切削できる幅は多数の機械によってことなります。小さいものはハンドサイズの100mm幅から大きいものは搭乗式の500mm幅まで施工箇所や環境に合わせて最適な機械を選定させることができます。また、カッターブレードも4種類あり、対象の床材に合わせてより効果的なもの選び時間の短縮へ大いに貢献できます。 適用対象物はエポキシ・アクリル・MMA樹脂・硬質床・コンクリートなど多様な場面で活躍できる一番基本的となる工法です。他の下地処理工法と組合せすることでより平坦な床にも仕上げることが可能です。

剥離工法

剥離工法は、剥離機に装着した特殊プレートで床材をめくり取り、貼り床材・防水剤等を下地を傷めず剥離除去する工法です。 刃先を微振動させるタイプや無振動タイプがあり、プレートは150mmから270mmの刃を使用します。また動力もエンジン式、モーター式、バッテリー式と用途・現場に合わせて機械を選ぶ事が出来ます。騎乗式の大型機械により広範囲の面積でも短期間で施工が可能です。 これまで困難であったウレタン防水の除去や、エポキシ系接着剤で強力に接着されたPタイル・樹脂モルタル等も確実に剥がし取ることが可能です。残存接着剤やプライマー等は、研削工法・ショットブラスト工法を併用し完全に除去します。

剥離工法

剥離工法は、剥離機に装着した特殊プレートで床材をめくり取り、貼り床材・防水剤等を下地を傷めず剥離除去する工法です。 刃先を微振動させるタイプや無振動タイプがあり、プレートは150mmから270mmの刃を使用します。また動力もエンジン式、モーター式、バッテリー式と用途・現場に合わせて機械を選ぶ事が出来ます。騎乗式の大型機械により広範囲の面積でも短期間で施工が可能です。 これまで困難であったウレタン防水の除去や、エポキシ系接着剤で強力に接着されたPタイル・樹脂モルタル等も確実に剥がし取ることが可能です。残存接着剤やプライマー等は、研削工法・ショットブラスト工法を併用し完全に除去します。

ショットブラスト工法

ショットブラスト工法はモーターの動力を使いインペラーブレードと呼ばれる羽根車を高速で回転させ、これに小さな鉄球などの投射材を送り込み、高速回転するブレードの遠心力により研掃材を投射するものです。ショットブラストで使用される研掃材は比重が重いため、集塵機で粉塵と一緒に吸われることなく、ショットブラスト本体に回収され循環利用されます。大量の研清材を一度に投射できるので、道路や鋼床版など大面積でも効率よくブラスト処理が可能です。仕上げ面は紙やすりの表面のような無数の凹凸ができるため仕上げ材を施す前の理想的な下地処理面として世界各国で使用させています。 この特徴を活かし、滑りやすいタイル面やコンクリート面にショットブラスト工法を施すことで、雨などで濡れた面も滑りにくい防滑面として仕上げにも応用することができます。 施工幅面はハンドサイズで130mm幅と小型なものから、800mm幅の大面積に対応した機械まで数多くのラインナップがあります。

ショットブラスト工法

ショットブラスト工法はモーターの動力を使いインペラーブレードと呼ばれる羽根車を高速で回転させ、これに小さな鉄球などの投射材を送り込み、高速回転するブレードの遠心力により研掃材を投射するものです。ショットブラストで使用される研掃材は比重が重いため、集塵機で粉塵と一緒に吸われることなく、ショットブラスト本体に回収され循環利用されます。大量の研清材を一度に投射できるので、道路や鋼床版など大面積でも効率よくブラスト処理が可能です。仕上げ面は紙やすりの表面のような無数の凹凸ができるため仕上げ材を施す前の理想的な下地処理面として世界各国で使用させています。 この特徴を活かし、滑りやすいタイル面やコンクリート面にショットブラスト工法を施すことで、雨などで濡れた面も滑りにくい防滑面として仕上げにも応用することができます。 施工幅面はハンドサイズで130mm幅と小型なものから、800mm幅の大面積に対応した機械まで数多くのラインナップがあります。

ポリッシュコンクリート

ポリッシュコンクリート仕上げとは、「塗る」から「磨く」へ今までにない新しい発想の仕上げ工法です。新設コンクリートはもちろん、年月のたったコンクリートでもまるで新たに命を吹き込まれたような美しい表層へと生まれかわります。 ポリッシュコンクリートその最大の特徴は「美しさ」にあります。その姿は大理石のようにひかり輝き、魅了されることは間違いありません。「これが本当にコンクリート」と思わず口に出してしまうほどです。 ポリッシュコンクリート仕上げは長年にわたり下地処理工法の一つ「研削」と向き合ってきたからこそ生み出せるプロフェッショナルとしての誇りの結晶です。

ポリッシュコンクリート

ポリッシュコンクリート仕上げとは、「塗る」から「磨く」へ今までにない新しい発想の仕上げ工法です。新設コンクリートはもちろん、年月のたったコンクリートでもまるで新たに命を吹き込まれたような美しい表層へと生まれかわります。 ポリッシュコンクリートその最大の特徴は「美しさ」にあります。その姿は大理石のようにひかり輝き、魅了されることは間違いありません。「これが本当にコンクリート」と思わず口に出してしまうほどです。 ポリッシュコンクリート仕上げは長年にわたり下地処理工法の一つ「研削」と向き合ってきたからこそ生み出せるプロフェッショナルとしての誇りの結晶です。

ISO

当社では、国際標準規格であるISOに準拠した社内の整備を進めています。

Fun to Share

低炭素社会実現に向けた気候変動キャンペーン「Fun to Share」に賛同しています。

フォトギャラリー

株式会社カンエツの取り組み、イベント、また、施工風景などたくさんの写真でご紹介いたします。