切削工法

Cutting system

各種床材塗膜の除去やコンクリートレベル修正に最適

各種床材塗膜の除去やコンクリートレベル修正に最適

切削工法とは、カッターブレードを縦回転させ、強力に床面に叩きつけることで、塗膜の除去やコンクリート目粗し等の表面処理をする工法です。 施工幅の異なる豊富な機械ラインナップの中から、用途に合わせて機械を選ぶことができ、作業中に発生した細かい粉塵や廃材は、強力な集塵機に吸収され作業エリア内をクリーンに保ちます。

適用作業

エポキシ除去・アクリル除去・MMA樹脂除去・硬質床除去・雨うたれ・冷害・強化コンクリート表面処理等

5つの特徴

① 切削幅100mmから500mmの機械を使用

② コンパクトな機械で切削の深さは最大で10mm

③ 硬質床も強力な機械で効率良く目粗しが可能

④ 用途に合わせて4種類のカッタープレートを選択

⑤ 強力集塵機の接続で粉塵の飛散を抑え常にクリーンな現場環境

適用作業

エポキシ除去・アクリル除去・MMA樹脂除去・硬質床除去・雨うたれ・冷害・強化コンクリート表面処理等

5つの特徴

① 切削幅100mmから500mmの機械を使用

② コンパクトな機械で切削の深さは最大で10mm

③ 硬質床も強力な機械で効率良く目粗しが可能

④ 用途に合わせて4種類のカッタープレートを選択

⑤ 強力集塵機の接続で粉塵の飛散を抑え常にクリーンな現場環境

工法詳細 施工の流れ

カッターブレードを回転させ、床に叩きつけることで表面目粗しから、塗膜の除去まで可能です。

工法詳細

カッターブレードを回転させ、床に叩きつけることで表面目粗しから、塗膜の除去まで可能です。

施工の流れ
施工事例

ISO

当社では、国際標準規格であるISOに準拠した社内の整備を進めています。

Fun to Share

低炭素社会実現に向けた気候変動キャンペーン「Fun to Share」に賛同しています。

フォトギャラリー

株式会社カンエツの取り組み、イベント、また、施工風景などたくさんの写真でご紹介いたします。