ショットブラスト工法

SHOTBLAST system

用途に合わせたブラスト機で塗膜除去や目粗しが可能

用途に合わせたブラスト機で塗膜除去や目粗しが可能

ショットブラスト工法は、研掃材(小さな鉄球)を床面に叩きつけ、薄い塗膜や残存接着材の除去、一種ケレン、床材の表面目粗し等をする工法です。紙やすりのような細かい仕上げ面は防滑にも最適で、濡れると滑りやすいタイルや大理石等のノンスリップ加工としても活用できます。壁面や天井を施工する際は、バキュームブラストやサンドブラストを使用します。

適用作業

防塵塗膜除去・脆弱コンクリート除去・接着剤除去・鋼板表面目粗し・強化コンクリート表面目粗し・石材・タイル・ステンレス表面目粗し等

5つの特徴

① 研掃幅130㎜~800㎜の機械を使用

② 環境に配慮した低騒音設計の機械

③ 専用強力集塵機で粉塵を完全回収

④ 滑りやすい床のノンスリップ仕上げも可能

⑤ サンドブラスト・バキュームブラストで壁面や天井の施工も可能

適用作業

防塵塗膜除去・脆弱コンクリート除去・接着剤除去・鋼板表面目粗し・強化コンクリート表面目粗し・石材・タイル・ステンレス表面目粗し等

5つの特徴

① 研掃幅130㎜~800㎜の機械を使用

② 環境に配慮した低騒音設計の機械

③ 専用強力集塵機で粉塵を完全回収

④ 滑りやすい床のノンスリップ仕上げも可能

⑤ サンドブラスト・バキュームブラストで壁面や天井の施工も可能

工法詳細 施工の流れ

専直径0.8~1.2mmの鉄球を投射し、塗膜除去や細かい目粗し、脆弱部分の除去をします。

【現場データ】
対象施設:鋼床板
施工内容:一種ケレン(RA種)
使用機械:2-20DT

工法詳細

専直径0.8~1.2mmの鉄球を投射し、塗膜除去や細かい目粗し、脆弱部分の除去をします。

施工の流れ

【現場データ】
対象施設:鋼床板
施工内容:一種ケレン(RA種)
使用機械:2-20DT

施工事例

ISO

当社では、国際標準規格であるISOに準拠した社内の整備を進めています。

Fun to Share

低炭素社会実現に向けた気候変動キャンペーン「Fun to Share」に賛同しています。

フォトギャラリー

株式会社カンエツの取り組み、イベント、また、施工風景などたくさんの写真でご紹介いたします。